読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オカエ・ザ・超雑記帳

徒然趣味主義主張

爽やか

裏サンデー・サーガ

小学館がwebで展開しているweb漫画サービスが裏サンデーである。

裏サンデー

裏サンデーの開始当初ほかのメジャー出版社はweb漫画をやっていたのか知らんが、当時はニート社なりで非商業的に展開していたのがweb漫画の主流だった中、裏サンデーととなりのヤングジャンプは大手出版社が公式で取りまとめる商業前提web漫画の走りだったと思う、今でこそジャンプ+とか柔らかスピリッツとかコミコとか大量に溢れているが、少なくとも当時は上記の二誌しか知らなかった。

そんな裏サンデーももうそろ五周年か六周年を迎えるとか迎えないとか、今まで公言していなかったが僕は裏サンデーをサービス開始当初からずっと追いかけており、週に3,4度の購読を五年間続けている。五年間と言えばちょっとした赤子の首が座り、乳歯が生え、諸々あって年長さんになるような月日である。

そんなこんなでもはや僕の生活の一部と化している裏サンデーだが、知人との会話の中で裏サンデーの話題を一度も出した事がないことに気付いた。

これはおかしい、別に裏サンデー購読を隠すつもりはない、ただやはり急に昔話のテンションで「戸塚たくすは確かに戦略家だったけどインテリぶりは鼻についたよなあ」とか言われても誰も乗ってこれず、大事な友達を失っていくであろう事は自明である。とにかくリアルで裏サンデーの話は一生話す機会がなさそうだ。

だが忍びない、ここは雑多なインターネット空間をふんだんに使い、居るか居ないか怪しい裏サンデー回顧厨諸君へ向けて、裏サンデー一大叙事詩を語っていこうと思う次第である。

出会い

あの頃の僕は孤独だった、というか今現在この文章を書いている僕も孤独ではあるがその話は置いておこう。2012年の冬に一人暮らしが始まった、自分で望んだわけではない一人暮らしだった。一人しかいない部屋でやる事などそんなに無いし、当時は浮世から離れていきたい気持ちが強いのかテレビもなかった。

やる事と言えばエロ動画を観てオナニーするか、実家から持ってきた漫画を読むか、筋トレするか、家事をするかとかその程度の事しかしていなかった。猿とかゴリラのような生活水準であり到底文化的とは言えない。

裏サンデーに出会った日はインターネットをしていた、ちんこを握っていたか、マウスを握っていたかどうかは定かではないが、web漫画は読んでいたと思う。そんな電子の海で快楽の波に揺られる中、今やアイシールド21の人が作画をし、アニメ化し、TCG化し、腐女子の餌となった超有名作品、ワンパンマン原作サイトの更新チェックをしていた。

どんな文言が書いてあったかはさすがに覚えていないが、原作版ワンパンマンサイトのバナーに裏サンデーととなりのヤングジャンプで新連載するやで!みたいな事が書いてあったと思う。この時から裏サンデーととなりのヤングジャンプ購読の歴史が始まった。始まりはONEである。

ちなみにとなりのヤングジャンプは今はもう見ていない、ねこぐるい美奈子さんが連載終了した時点で「となヤン」への熱を失い見切りをつけた。無論、ねこぐるい美奈子さんは傑作なので興味があったら読んでほしい。

ねこぐるい美奈子さん 1 (ヤングジャンプコミックス) | 青稀 シン |本 | 通販 | Amazon

黎明期

今でこそ日に数作品、週単位で40作品が更新されるほど大きなコンテンツとなった裏サンデーだが、閲覧を始めた当初は平日に1作品ずつ更新される程度で、今と比べればコンパクトな内容だった。

当初はワンパンマンの作者が描いていた「モブサイコ100」だけを読んでいたが、すぐ別の作品にも食いついていく事となる。コンパクトなサイトとはいえ、当時からweb漫画界トップを走る作者をふんだんに使用したパワーの高い連載構成だったと思う。ケンガン、ヒト喰い等とにかく毎週が楽しみだった。

そんな中、黎明期で特に語るべき漫画と言えば「ゼクレアトル~神マンガ戦記~」だろう。裏サンデーを前衛的なweb漫画誌へ方向づけた作品と言っても過言ではないゼクレアトルは裏サンデー影の立役者である。なによりゼクレアトルという作品そのものが戸塚たくすサーガと言っても過言ではないほど、作者戸塚たくすの思想、恨み辛み苦悩が色濃く反映された内容であり、読んでいるとまるで作者とコミュニケーションをとっているかのような気持ちになって勝手に戸塚たくすの人となりを知れた気分になる。

おまけ漫画がよく載ったり、編集が作家をいじったりする様な裏サンデーの文化が出来上がったのは、ゼクレアトルと戸塚たくすのおかげだと思っている。

僕が裏サンデーを好きなのは作品に作家の人間性が透けているところでもあるのだ。

作家弄りで外せないのは岡部閏だ。岡部閏は「世界鬼」という漫画の作者で、世界鬼はこれまた黎明期を立派に支えた良い漫画だった。世界鬼からも岡部閏がにじみ出ていて毎週楽しみだったのを覚えている。

岡部閏はポケモンバトルガチ勢でもあるがゆえに、連載を落としてしまうこともあった。ポケモンバトルガチ勢であるがゆえに、ツイッターで嫁ポケ(強くはないが可愛い等強さ以外の理由でガチのバトルに使われるポケモン達)を使うやつを批判して、嫁ポケ肯定派である一般人の嫁ポケにバトルでボコられてポケモン引退した挙句、一連のやり取りが編集にバレて説教を食らったりもしていた。とにかく面白い奴である。詳しく知りたい人は「岡部 嫁ポケ」で調べるといい。

踊り場~変革期

ゼクレアトルの打ち切りが告知される。なぜか作画者がいなくなり「オーシャンまなぶ」で見慣れた戸塚たくすの汚い絵が誌面に載る。同時期、編集部の当初目論見では単行本売上のみで裏サンデーを運営しようとしていたらしいが、収益のモデルが成り立たなくて裏サンデー廃刊しちゃうからコミックス買ってくれい!とか言い始める、裏サン編集はプロとして恥ずかしくないのか。

サービス開始から一年たった頃、裏サンデーは悲鳴を上げていた様に思う。内部事情は知らないがゼクレアトルが打ち切りされた時期の裏サンデーは心なしか閑散とし、陰鬱とした雰囲気が広がっていた。もしかしたら作家を一通り使い尽くしてしまったのかもしれないし、本当に予算もなんも無くなって作家を雇えないような厳しい懐事情だったのかもしれないし、どちらともなのかもしれない。ただここで裏サンデーが凄かったのは新人発掘に活路を見出したことだ。これにより後の裏サンデーを支える人材が大量に掘り起こされていく。当時の新人作品で未だに印象深いのは「異能力バトルロイヤル」、「寿司 虚空編」である。

ちなみに寿司虚空編の作者である小林銅蟲のブログをハテナで偶然見つけたので最近よく読ませてもらっているが、ホントに漫画家かよと言う位飯の話題しか出てこないし、飯の内容が逐一面白くて過去分も漁ったりしている。

めしにしましょう/小林銅蟲 一の膳 - モーニング・アフタヌーン・イブニング合同Webコミックサイト モアイ

小林銅蟲、飯の漫画書いてた。即買った。

復活期

きっと新人発掘という行為は裏サンデーにとって厳しい決断だったろうし、一か罰かという側面もあったに違いない、だが埋もれに埋もれ、拗れに拗れた人材が蠢くWEBで金脈を掘り当てていった裏サンデーは見事復活を遂げる事となる。

上記に加え過去話分の閲覧制限を導入したりする事で漫画の発行部数を伸ばせたらしい、この事で以前のような漫画かってくれと言う恥ずかしい告知は無くなり、収益構造も改善されたのだろう。ちなみに僕は今でも毎週の最新話だけweb上で読むスタンスを貫いているため、偉そうに裏サンデーの歴史を語りながら、これまで裏サンデーに関連して小学館へ落した金額は0円である。

勇気の決断は功を奏し、2013年の終わりころから新人発掘出身の素晴らしい作家が次々に出てくる事となる。「懲役三三九年」なんかはとにかく優れたプロットとして語り継がれるべき名作である。

この時期で特筆すべきと言えば「Helck」の連載開始だろう、いまや裏サンデーの看板漫画の一つとなったHelckだが、連載当初は異世界物のギャグマンガかな?程度の評価としていたが、まさかこんなに面白くなるとは思っていなかった。ダークファンタジー物としてハガレンベルセルクと並べても遜色が無い。

安定期

こうして踊り場を抜け復活を遂げた裏サンデーはたまに挑戦的な企画を挟みながらも現在まで安定した稼働を続けている。

辱事件は記憶に新しい、美少女漫画家にべらぼうに残酷な描写を描かせた「辱」という問題作がある。掲載したのもつかの間、すぐ掲載を中止して当時のWEB漫画業界を沸かせていた。

最近では「灼熱カバディ」、「送球ボーイズ」といったニッチ層へ向けたスポーツ漫画がアツい、どちらも競技ルールは良くわかっていないが、それゆえスポーツ漫画に大事なのはアツさと人間模様であると再認識させられる。

最後に

安定期は最近読んでる漫画をただ紹介するだけになりそうなので書くのをやめた。

裏サンデーはサービス開始からこれまで、紆余曲折ありながら数々の名作を生み出してきた。世の中はピラミッド構造である。数々の名作のすぐそこには数々の駄作たちが転がっている。

僕は裏サンデーに連載されてきた語るべきではない駄作達も、名作達と同様に愛を持って接する事が出来ている。無料コンテンツ故に。

もしコミックスで買っていたとしたら破り捨ててけなしまくるであろう作品でも、無料で読める分には「駄作だな~、無料にしては良かったよ、次頑張ろうな。」と好意的に接する事が出来るのだ。裏サンデーは良い。

 

ザッピングナイト201701

3連休の締めは夜更かし、これで明日からも怠惰に仕事ができるってもんよ。

CDは買わないが、youtubeで過労死するほど聞くであろう曲たちを紹介するザッピングナイトのコーナーです。

 

FINAL FRASH 『PARADISE』 (Official Music Video) - YouTube

MC DOTAMAがボーカルのファイナルフラッシュの新曲、バトルMCとしてのDOTAMA氏は最高なんだけど、ぶっちゃけファイナルフラッシュの前の奴も音楽ワルキューレとか音源はそこまでピントは来てなかったけども。

この新曲はめちゃカッコいいすね、というかDOTAMA氏の甲高い声のサビが癖になりますね、FSD人気とも合わせてファイナルフラッシュ売れるんちゃう?と思います。

 

ポルカドットスティングレイ「テレキャスター・ストライプ」MV - YouTube

ポルカドットはもう既にバズりまくってるんで今更っぽいけど、一応アーリーアダプター的タイミングでyoutubeで発見してたんです!僕結構早いうち(4ヵ月前位)からこのバンド良いって言ってたんです!

なんといってもボーカルがちょうど良く可愛い、足短くて超可愛いでつね。後曲のセンスも演奏も素晴らしい。

 

Ykiki Beat - Forever (Official Lyrics Video) - YouTube

超絶今更その2、日本人らしからぬ発音が魅力、ぐるナイのエンディングになってたな最近。

 

フレデリック「オドループ」Music Video | Frederic "oddloop" - YouTube

超絶今更その3、こういう癖がスゴいサビが続くやつが最近の好みかもしれない。

 

岡崎体育 「MUSIC VIDEO」Music Video - YouTube

超絶今更その4、メタい発想は天才のそれだがそんなにリピートするような良い曲ではない。

 

星野 源 - 恋 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】 - YouTube

ミーハー、源に関して言えばギリ抱けない事もない。

 

卍LINE 「SAMURAI」 - YouTube

卍ラインがこんなちょうどいい音楽作ってたなんて。

 

鎮座DOPENESS対黄猿 - YouTube

人類ってんなバトルできるんですね~というレベルで次元がちげえ鎮座DOPENESSのベストバウト。鎮座氏は新井英樹の漫画に出てきそう感強すぎて良い

 

穏やかに聞ける曲が好きになってきた傾向ある。

年末年始

あけましておめでとうございます。

年末

28日に仕事が納まってそのまま高田馬場の雀荘へ行ってきた。今年の年末もこれだ、一年の締めは麻雀に限る、ほとんどの参加者が今年最初で最後の麻雀に興じているわけだが、多分皆そこまで麻雀が好きというものでもないのだろう、ただ様式美としての年一の麻雀がそこにあり、誰しもがなすがまま様式美に身を委ねている。

紫煙に蝕まれる体とコートとスーツ、そして脳細胞の死にゆく音を横目に点棒と言う名の日本円の取り合いをする、12時間の煉獄である。

雑居ビル、夜半には茨城で震度6、ボロい雑居ビルは幸い高田馬場にあり、倒壊せずに済む。気を取り直しサザンのBGMに身を預けながらアガる、とにかく冴えわたり放銃は12時間とおして3度のみだった。

煉獄を越え下界へ帰還すると清々しい朝日が昇っている、7時だ。充分肥えた財布を手に浦安へ帰り、約4時間の惰眠を貪るのだった。

 

下半期、特に12月はメンタルが下降線を辿っていた中、そんな精神状態にあわせて家も汚く散らかっていた。誰が尋ねる訳でもない部屋だが、最低限度という概念は存在する。湯垢が付いているだとか埃が溜まっているだとかそんなものは関知しない、女々しい掃除はしないのだ。我が家の掃除のプロセスと言えば

①なんとなく散らかっている物をゴミ、使えるもの、洗ったら使えるものに分別する。

②ゴミはゴミ袋へ、使えるものは使えるところへ、洗ったら使えるものは洗う。

以上、埃とかは知らないがこの①と②をこなせば最低限度が保たれる。

 

雀荘でたっぷりヤニを吸ったコートとスーツ、最近手洗いに凝っている。クリーニング屋もといドライクリーニングの無力さを知り、水洗いの安全性に気付いたからだ、手洗いは良い。

湯船に湯を張り一昨年御殿場で買ったタケオのトレンチコートとオリヒカのスーツ達を湯に漬けていく。洗剤を混ぜて優しく揉むと、湯がさながら重油の様に黒く濁っていく。数時間置いた後すすぎ、優しく絞りハンガーへかける。ハンガーへかけると水分が下に移動するので何度か絞る。待っている間はポケモンに興じる。平和な年末である。

 

28日煉獄の最中、母親からいつ帰省するのか?というメールが送られていた。余程の事情がない限り自分から実家へ帰ると言い出す事はない、帰りたい気持ちはあるが追い出された人間である以上自分から言い出せる事ではないのだ。だからこんなメールを貰えるとありがたい、三食昼寝付きやったぜと思う。

31日の夜はダウンタウンを見たいと思っている、今年はフリースタイルダンジョンの口迫歌合戦もアツそうだ。

静かに実家で紅白を見る、追い出された人間である以上親が見ると決めたNHKを日テレに変更する権利などどこにも無い。野田、源、トキオ、XJAPAN、イエモン、ミーハー気味にエンタメを漫喫していた人間にとって今年の紅白は面白かったから良しとしよう。演歌歌手が出たらこちらにも手がある、ポケモンをやればいいのだ。

年始

朝起きてモンストをやる、初詣に行こうと母が言う。追い出された身でありながら三食と寝床を提供していただいている身として断るわけにはいかない。お年玉をくれ。

両親と一緒に近所の神社へ初詣に行く、母は一昨年頃に膝がなんか腐りかけ病みたいなのを発症していて心配していたが完治しているようだった。普通にそこらへんのババア位のスピードが出ていて安心する。整骨院が凄まじいとの事だった。突然だが最近腰痛が酷い、凄まじい整骨院鎌ヶ谷にあるとの事で、今度いってみるか。

神社の帰り道にあるファッションセンターしまむらに寄る。僕は今年で29になるが靴下を買ってもらう、持っていくのを忘れたのだ。ついでに会社用の靴下も買ってもらう。ミズノのワンポイントが入っており絶妙にダサい、ピンチの時以外履くことは無いだろう、どうせならぴょん吉柄のトレーナーを買ってほしかったのだが。

 

朝起きてシャドウバースをやる、姉の家に行こうと母が言う。追い出された身でありながら三食と寝床を提供していただいている身として断るわけにはいかない。行くならとお祝い袋を渡される、出産祝いらしい。ここで実家に帰ったことを強く後悔するがもう遅い、最初からこれが狙いか。

一万円だと言われしぶしぶ一万円を入れる、姉はと言えば家に食うものが無いから昼飯を持ってこいと宣っており、母も当然の様に要求を飲んでいる。おかしい、序列がおかしいのではないか?

おかしいし悔しいが既に姉 > 親 > 僕のメタゲームが成り立っているのは確かだ、孫が環境に及ぼす影響は絶大である。

姉の家は実家から自動車で30分程の場所にある。車中、言い値で入れた一万に疑問を抱いたのでネットで出産祝いの相場を調べる。5000円が相場らしいと主張するも財布には一万円札しかなく、しぶしぶ一万円を袋の中に戻す。

どうやら姉の家では我ら一族と姉の夫の一族が相見えるらしく、車中で昼飯をどうするか議論を重ねる。

昼飯用に持ってきた昨日のすき焼きで残った良い牛肉をどうするか?に焦点が当たる。父はもやしと炒めれば良いと言う。母はもやしなんてダサい、塩コショウで焼いてレタスでも敷いとけば洒落てて良いと言う。僕は肉吸いにして餅入れるのが良いと言う。

道中のスーパーでレタスを買う、母の意見が通ったのだ。難しいのは必ずしも権力者の意見が正しいとは限らない事だ。すき焼き用の薄切り肉を焼くのは破れやすいこともあり発想した時点で負けている。

 

権力者の母はいち早く孫に会いたいが為に一人姉の家に向かう、僕と父はスーパーでその他の買い物を続ける。

 

父がイチゴを買う、イチゴ大賛成である。

父が刺身の切れ端がパンパンに詰まったぶつ切りのお得刺身パックを買う、僕はやんわり止めるが追い出された身でありながら三食と寝床を提供していただいている身として強くは言えない。夫の一家が来るんだろ?船盛にしておけって。

父がザーサイを買う、僕はやんわり止めるが追い出された身でありながら三食と寝床を提供していただいている身として強くは言えない。というかこのオッサン気づいてはいたがザーサイ好きすぎてクソ笑える、のは良いとしても新年だし親戚も来るんだしそこはせめてお新香盛りだろう・・・

父が助六寿司を買う、助六寿司を1パック買う、僕は3か4買ったら?とやんわり伝える。結局1パック買う。7、8人そろうのに助六寿司を1パック買ってったらどうなるんだろう?オラわくわくすっぞ。

メタゲームへの理解が進む、姉 > 孫 > 母 > 父 > 僕に環境が細分化された。

姉の家へ着くなり我ら男衆の買い物に対しメタゲームの頂点が怒る、僕は止めたと言い訳するが止められなかった時点で同罪なのだ。なぜ言い訳しなければいけないのだ、というか姉の料理の腕も褒められたものじゃないだろう、肉と一緒に焼いた玉ねぎとピーマンがシャキシャキ過ぎる。などとは口が裂けても言えないが。

夫の一家も無事到着して優雅な昼食開始である、ただのビールを煽り買い足した舟盛りに握り寿司、シャキシャキの玉ねぎと良い牛肉を食う、爺さん達と婆さん達は孫に夢中である。老け顔の御仁達にひたすら弄り回されて孫も大変だと思う。甥とか姪よりピカチュウの方が可愛いくないか?

浦安に帰ると誰も居ない部屋が待っていた、一人の時間は悪くない。

承認欲求とブログ

自意識に存在する承認欲求に気付き、そしてそいつを満たす為にブログを始めたのだと僕は誰かに言った記憶がある。

 

今回はそんな当初の目標「承認欲求を満たすこと」について当ブログは貢献できているか?を話していきたいところ。

結論

から言うと、開設当初は満たされていたが現在承認欲求は満たされていない。もういきなり結論から行くとかセオリー過ぎてなんの面白味もない文章だ。とにかく最近の自分の文章だけど、書けば書くほど面白味が無くなっていっている気がして辟易している。今日の文章も駄目だ、固い、フランスパンか何かか。

自分の文章が駄目だ、と感じている限りはいくらネット上に自己を発散して、たまにリアル友人からブログ見とるやで宣言をされたところで「へへ」と自分をあざ笑ってしまう。

自分を認めていない人間が他人に認められたとしても勘ぐって卑下するだけで、そこに承認の充足は存在するはずがない。

何故最近の文章が駄目なのか?この駄目を取り払い自分の納得する文章を取戻しさえすれば自己承認の荒波に揉まれ気持ちよくなれるのではないか?という論理は正しいはず。

そして昨今のブログを見返せば駄目の答えは明白である。

批評しかしていないのだ。そんなものはただの消費者的行動であり、消費者的側面の自己を発散しているブログなんてのは何のアウトプットもなさない無効空間である。

承認欲求の満たされなさから何故か自分のブログ批判に変わったがまあいいやノッてきた。このまま文章を続けよう、そしてこれまでの自分のブログを断罪しよう。

 

inmoress.hatenablog.com

 こんなものは過去の自分を消費しているだけだ!ビリビリー(ブログ記事を破り千切る音)。

 

inmoress.hatenablog.com

 こんなものはなあ!辻希美氏にでもやらせておけばいいんだよ!ビリビリー(ブログ記事を破り千切る音)。

 

inmoress.hatenablog.com

こんなものは魚とって食ってるだけのコンシューマーブログだ、トマトとか言ってないでせめて素揚げだろ、素揚げは字面が良いからな!ビリビリ―(ブログ記事を破り千切る音)。

 

 

とまあこんな感じで全ての処すべき過去のブログ記事を断罪させていただきましたとさ。清々しい。

 

オギャ欲求の話

もはやである、ブログという外部記憶を利用して自己の承認欲求を俯瞰で認識した僕にとって、誰かに認めてほしいという感情を持つことは既に小恥ずかしい事でもあり、これからの人生そして当ブログは自己肯定へ向かっていきたいと思うばかりである。そしてこのまとめの内容はマズローの話に影響を受けている。

 

ところで一昔前に流行したバブみとかオギャるという言葉をご存じだろうか?知っていればそれでいいし知らないのであればそれはそれでいい。

承認欲求がどうのこうの能書きを垂れて、過去のブログという名の心の装甲を引き剥がして剥いた卵のようにツルツルな表面に現れた今僕が直面している感情。それがオギャりたい気持ちである。

意味のある日本語を発せずとも、生産性が極めて0あるいは負だったとしても、ただ自分の思うがままに精神活動を行える赤子。そしてそのすべてを抱擁する母こそ、人類の到達すべき究極系ではないだろうか?

どんな欲求が充足したとして、母性の尊さには到底あらがえない。

 

成人男性が生きるにはこの世はつらすぎたのだ。

 

2016年総まとめすごろく(後編)

いやー半年でも結構量あるからね、後編行きましょう

7月

新庄剛志とシャムシェイドのボーカルを見間違え 2マス戻る

ポポラマーマへ晩飯を食べにいくも、所持金が18円しかなく半笑いで帰宅 一回休み

つめたい牛乳の直後にあったかい緑茶をのむと牧草地にいった気分になる事を発見する 4マス戻る

布団干し→降雨→自転車パンク→急いで走って足の皮剥ける→家着く直前で雨が止むのコンボ ふりだしに戻る

さつま加工(3本撚ロープの終端処理)を習得する 1マス進む

池上彰の選挙特番の内容にシビれる 一回休み

波瑠とラバーガール大水の類似性を発見する 2マス進む

ふと気づくと 光浦 ヌード で検索していた 二回休み

自己承認欲求の高まりにより、当ブログを開設する。 1マス進む

ポケモンGOがリリースされる、ポケ者としては喜ばしくもありニワカ乙という気持ちもあり 一回休み

御殿場駅からオーバーナイト富士山登頂に成功する 5マス進む

富士山頂でピッピをゲットして以来ポケモンGOに触れず 2マス戻る

ポケんちのりんかちゃんの可愛さに気付く 3マス進む

千葉県民の分際で都知事選に物申す 1マス戻る

ハイスコアガールの新刊が発売される 4マス進む

極楽山本が無事テレビに映る 2マス進む

とにかくコイツシャドウバースの話しかしてねえ ふりだしに戻る

8月

菊池桃子の齢を経ても美しい姿に心を奪われる 4マス戻る

というかババア的な年齢の方々の良さに理解が進む 3マス進む

カンピロバクターにやられる ふりだしに戻る

リオ五輪レスリングの土性、水泳の池江、女バレ等を優雅に楽しむ、優雅に楽しみすぎて、会社への出勤が遅れがちに 2マス戻る

現職と自分の将来に疑問を持ち始める 一回休み

砥石を購入し刃物研ぎを習得する 1マス進む

アスレチックしに小田原へ、健康体のありがたみをかみしめる 2マス進む

ポケモンローテ大会で惨敗する 4マス戻る

海を渡り佐渡ヶ島へ 6マス進む

浦安に宇田川性がやたら多い事に気付き宇田川氏の存在を知る 2マス進む

とにかくコイツシャドウバースの話しかしてねえ ふりだしに戻る

9月

魚の骨が喉に刺さり耳鼻咽喉科へ、5秒の手術に2000円支払う 4マス戻る

こち亀終了に時代を感じる 2マス戻る

システムアーキテクトの受験を決める、ロイホへ 1マス戻る

カラデシュチャンドラ1000枚買えとか言ってる ふりだしへ戻る

ロバートの邪念0研究所にドはまり 二回休み

名人戦を仕掛けるも惨敗 一回休み

モヤさま狩野アナが卒業、というか結婚 5マス戻る

台風が朝通過して電車止めれば良いものの夜中とかにばっか直撃しよる 一回休み

とにかくコイツシャドウバースの話しかしてねえ ふりだしに戻る

とにかくコイツシャドウバースの話しかしてねえし、メンタル消耗してるのがツイートから見て取れる ふりだしに戻る

10月

ハゼ釣り1、大漁のハゼを持ち帰り素揚げですべて平らげ、素揚げの強さを実感する 3マス進む

マスターオブシャドウバースになる 5マス進む

ロイヤルホストの攻守最強オーダーがコスモドリア+ロイヤルセットである事にたどり着く 3マス進む

キスマイフットの北山を認め、モテの参考として活用する事を決める 2マス進む

ブンブンサテライツの川島さんが死ぬ 3マス戻る

逃げ恥、ガッキーの強さに気付く 5マス進む

システムアーキテクト試験で爆死 3マス戻る

君の名は。鑑賞、ライフタイムベストアニメ映画を更新する 4マス進む

名前の長い土地、堀、約13万の買い物をし、渡す 2マス進む

小学校教諭適正試験に一石を投じる「ロリショタ画像閲覧時下半身サーモグラフィ試験」を提唱する 3マス進む

RAGE shadowverseに参加する、一没だが至れり尽くせり 4マス戻りもう一回さいころを振る

RAGEのスタッフが可愛すぎる 2マス進む

ぱいぱいでか美がいいとか平成ジャンプの山田の女装がいいとか藤田ニコルが良いとか脈絡がなくなり始める 5マス戻る

新規名作漫画欠乏症に陥る 3マス戻る

ナポリタンベースの食生活 一回休み

新規名作漫画欠乏症の対症療法として月刊アフタヌーン購読を決める 1マス進む

ハコフグの旨さに気付く 3マス進む

ハイキュー3期が相変わらず神すぎて、月島を乙女の顔でツッキーと呼んでしまう 2マス戻る

11月

日本人の分際でアメリカ人のリーダー決めに物申す 3マス戻る

デュエガチャに戦慄 一回休み

ハゼ釣り2、そして素揚げへ 2マス進む

エルフ100人組手を終え、現環境ロイヤルの優位性に気付く 4マス進む

無限の住人の映画情報に心を乱される 2マス戻る

ポケモンサンムーン発売 6マス進む

謎の失踪 一回休み

素潜りシーズンが終了、上達が成果に表れる 1マス進む

12月

リーリエちゃんと一緒にアローラ地方に永住したい 1マス戻る

仕事が謎の忙しさ 3マス戻る

謎の体調不良により休みがちに 1マス進む

ハイキュー3期終了、神アニメであった 3マス進む

新規名作漫画欠乏症の対症療法としてこの漫画が凄い!を購入 1マス進む

 

・・・

もはや12月とか眠くて良く分かんねえっすわ、ホントはこっからここ一年の行動で見た思考の変化とかそこらへんを深堀したかったけど、ここ数週間とにかく多忙だ、終ってしまえばいい。何故森山みくりちゃんが僕の下に来ないのか不思議でならない。

小旅行的な奴とかいくつか追記、やはり暇時のコンテンツであるツイッタ―で自分の行動を拾うと、普通に遊んでる時の事が抜けるなハゼ釣りとか。

 

2016年ハイライト

テレビ

ワイドナショー

クレイジージャーニー

イッテQ

ガリンペイロを求める男たち

ゆとりですが何か?

逃げるは恥だが役に立つ

ハイキュー2,3期

フリースタイルダンジョン

万年B組ヒムケン先生

ゲーム

MO(年初から6月頃まで)

MTG(warosuの招集都度)

ポケモンoras→sm(通年)

モンスト(年初から7月、11月から現在)

シャドウバース(7月から現在)

漫画

リマックス

ドリフ

三月のライオン

灼熱カバディ

ヘルク

喧嘩稼業

ダンジョン飯

ハイスコアガール

音楽

at the drive in

wrong scale

ykiki beat

ハイスタ

ポルカドットスティングレイ

boomboomsatelites

2016年の総まとめすごろく(前編)

前書き

気づけば今年ももう残りわずかですね、なんというかベッキーが不倫したのもつい最近の様に感じますし、スマップ解散騒動だって2月前位の事のように感じてるんですが、もう1年前ですか・・・齢を経る毎に時間の流れは速くなってくように感じるっちゅうのはホントで、僕の主観で1年位前の話かーと言えば、じゃあ野々村の号泣の話とかマジックの話かアブザンアグロでGP静岡出たぜとか、アニメはアルドノアゼロとか楽しかったよなあとか書こうと思ったらYO

野々村議員の会見は2014年の夏!タルキール覇王譚が発売したのは2014年の秋!アルドノアゼロ一期の放送は2014年の夏!

嘘だろ・・・もう2016年の暮れやぞ、どれも今年の始め頃にやってたよなあって感じなんですが、3年近く前とか・・・

適当に1年くらい前の事を思いついただけ書きなぐった結果大体同じような時期のイベントが掘り起こされたつうことで再現性あり。

どうやら僕の精神を流れる時間の速さと実際の暦の速さは、3倍くらいの差がついてるんすかね、すぐ爺さんになれそうだな、早く自然に囲まれたロハス生活送りたいっす。

そんな暦と自分の主観時間のギャップを埋めるためにも、文にして一年間を振り返るってのがええんじゃろなあ。というわけで月別に今年一年間を振り返ってみますか。

あとねーなんか箇条書きしてたんだけどねーすごろくにしたくなっちゃったの。

1月

何も記憶に無し。

いやーしょっぱなからキツイのきたで、携帯の画像頑張って探したけどなんも無い。

とりあえずこれでは企画倒れになっちゃうのでツイログ使って過去のツイッターから色々拾ってみますわ。

1月(仕切り直し)

新年帰省して父親が糞つまらん韓国ドラマばっか観てて腐る 3マス戻る

寺田心とかいう子役を心の底から嫌う 5マス進む

ポケモン部のトリプル大会3位 2マス進む

MO、ヴィンテージキューブにどハマりして激動と皇蹄のビヒモスの強さにしびれる 一回休み

2016年度の抱負が以下に決まる もう一回サイコロを振る

・汚くない程度の環境を維持する → 住処クッソ汚い、不達

・確固たる意志の下やったりやらなかったりする → 間違いない、達成
・2000年代リバイバルの言葉遣いにする → ラップ調が増えた、を言い換えればKREVA的に2000年代をリバイバルしたと言えるので達成

2月

有吉散歩と正直散歩が同じ番組である事に気付く 1マス進む

喧嘩稼業がすごい勢いで単行本を出し始めて歓喜 4マス進む

自らの頭皮の加齢臭に気付く 5マス戻る

ピアシェ、リライフのお蔭でコミコ熱が再燃 2マス進む

初ワイハを堪能 6マス進む

ワイハでsuicaとかクレカを落とした上、2m近いハワイアンポリスに囲まれ「どの売女にスラられたんや?」と詰め寄られる 5マス戻る

3月

世界卓球の福沢朗起用にシビれつつ卓球3姉妹を食い入るように観る 1マス進む

ウィザーズ広報、格内さんのポテンシャルを発見する 3マス進む

山ちゃんおはスタ卒業に時代を感じる 2マス戻る

データベーススペシャリストの受験を決め、ロイホに入り浸る 一回休み

ハイキューとかいう神アニメの2期が終わる 4マス戻る

寿司屋でツナ軍艦食うやつはコンビニでおにぎり食え説を提唱、正しさしかない もう一回サイコロを振る

というかポエトリーな迷言が出始めて今見るとこいつ疲れてんなって思う 5マス戻る

・昔々大人は全員が凄いもんと思ってたけど、凄い大人はほんの一部で、子供社会と比べても凄い人と凡な人の割合って大して変わらんよなあ。

・ぼんやり生きるのを選んでたと思ってたけど、だんだんぼんやりとしか生きられなくなって来た気がするなあ。不可逆って怖いわな。

・昔と比べてクソ真面目になった、子供の頃は不真面目に生きる方が楽だった。大人になったら真面目に生きる方が楽だからだ。今日もファミレスで勉強する

4月

ロイホに飽きてファミレス周回するようになり、ハンバーグ序列を完成させる 3マス進む

情報処理試験の帰り道、あほみたいな量のソースカツ丼に勝利 1マス進んで一回休み

新浦安駅ですれ違った人が2連続でズラ 2マス進む

ハタナカ(仮名)さん発、"○○をキメる"と"私は脱糞した"にハマる 一回休み

ゆとりですが何か?にハマる 一回休み

海老が会社辞める 2マス戻る

5月

将棋動画にハマる 一回休み

葛西のスーパー銭湯にハマる 一回休み

社会学者古市の言動のヤバさに気付き始める 1マス進む

船橋へ潮干狩り、3人であさりを2キロぐらい取るも喰いきれず 3マス戻る

GP東京で無事プレイマットをゲット 3マス進む

ウォルトディズニーとディルドオナニーの類似性を発見する 5マス進む

女バレ世界大会にハマる、特に佐藤あり紗を凝視する 3マス戻る

笑点の新司会が昇太な事に一時驚くも、やがて納得感に変わる 2マス進む

三平の寒さに震える 2マス戻る

天空のスカイガレオンのサービスが終了し歓喜の雄たけびを上げる 5マス進む

素潜りがシーズン開幕する 5マス進む

 6月

フリースタイルダンジョン見だして日本語ラップの強さを再確認する 2マス進む

平愛梨を長友に奪われる 二回休み

ファンキー加藤は元々嫌いだったが、不倫騒動で寺田心と肩を並べるほどの嫌悪感を抱くようになる 3マス戻る

金玉の、皺と皺を伸ばして幸せ♬ナームー 1マス進む

MO、レガシーガントレットにハマる 一回休み

教習所へ納金し、免許取得への一歩を踏み出す 1マス進む

新浦安のフードコートに活路を見出す 3マス進む

コスまろ(ブラマヨ小杉彦摩呂の真似してるやつ)にドはまり 二回休み

モンスト、覇者の塔を初制覇する 5マス進む

筑波山登頂、山小屋のそばが予想の5倍うまい 5マス進む

シャドウバースを始める 2マス進む

吉岡里帆(ゆとりですが?のえつこ先生)が可愛すぎてロジカル語法で語ってしまう 2マス戻る

藤島康介結婚、御伽ねこむと。そして漫画家を志す 8マス戻る

シャドウバースにハマる 一回休み

 

・・・

いや結構ボリューミーな半年ですね、芸能界は特に。というわけで文章量多いので前後編になりました。続く

上半期まとめ

自分で書いててあれだが、芸能人の女子可愛いのは良いとして、スポーツ女子とか格内さんとか、3次元の女子って可愛いね

第二回:良い奴

不定期連載、良い奴のコーナー。テテテューン。

日々の生活を送る中、主観的良い奴が溜まってきたところで適当かつ順不同にレビューしていく企画の第二回のごたる。

aromax PREMIUM GOLD

ポッカの出してる缶コーヒー、なんとなくアロマ感が鼻に抜けるような所がアロマックスたる所以ではなかろうか。

新作でもないし、つめたーいはボチボチ飲んでて味はこんなもんか、まあ飲み口広いしキャップで安心だし優れものやな位の立ち位置だったけど、こないだあったかーいで入ってて、久々飲んでみたら化けたな。あったかーいのおかげか、ポッカ成分変えたか?よく知らんけど急にうまくなったな。

純米

いわゆるサラダせんべい、会社の近くのスーパーに売ってて食ってみたところうめえ。

とにかくせんべいのキメが細かいというか密度が濃いというかで食べ応えが十分なり。

軽さが魅力である往年のサラダせんの名作:ソフトサラダ、絹焼きソフトとは住み分けされてる感もグッドと言えるが、手で砕くと細かく割れてしまうのは難点かな。

肉そば

日高屋が1年置き位に出すメニュー、肉そば。

期間限定の割には肉と玉ねぎの炒めた奴を中華そばの上に乗せただけというシンプル極まりない代物だ。

ただそれだけなのになぜかスープがド乳化してる、謎のトロットロ。

康太ブログ的な表現をするとミルキィなものになってる、これが中毒的にうまい。

逃げるは恥だが役に立つ

TBSのドラマ、いわゆるガッキー、神の子、不思議な子(cv.野村克也)

1話目を土曜に振り返り放送やっててたまたま見てみたら、ええやん?てなって視聴開始した。ガッキーってクッソかわいいのな、というか多分今のガッキーが人類最強なんじゃないか。

内容は差し控えるがキャラクターがみんなロジカルに物事考えててなかなか淡泊で逆に感情移入できるというか、まあまあおもろいなあ、と思ってたけど4話で一気にカタルシス的なね、なんというか星野源のスタンドと化した視聴者達のガッキーへの想いが通じたというかそんな感じ。見てない人には多分伝わらないだろうがそんな感じなんや。

シレーヌ

可愛いその2、ガッキーもかわいい訳だが、アシレーヌも相当かわいい。

僕の感性もいつの間にかマジョリティになったわけだ、いや美的な感性は元々マジョリティか、大衆が言う綺麗なもの可愛いものに対しては綺麗だし可愛いと思えるタイプというか、ブス専ではなく常人であるというか、柚木ティナで抜いたし上原亜衣で抜いたしパリコレの服はダサいしな。

ゆえに可愛い記号がしっかり埋め込まれてるアシカポケのアシレーヌも当然可愛いと思うし最初のパートナーにしたいのは当然である。

ハイキュー

カタルシスその2、月島がカッコよすぎた。

ツッキーがバレー部に入部してから今放送してる白鳥沢戦までまあ色々ありましたわ。詳しくはハイキュー見てくださいよ。

とにかく月島はなんとなしにバレーやってる(風)というか、斜に構えつつもまあやってたんですよバレーをね、くすぶってるというかまあ色んな描写もありまして。それがこーしてこーしてこう!ってな感じで。なんだろうなあメガネ君が3P入れて綾南の田岡監督が「あいつもそういや3年間やってたわ」的な事言うシーンに匹敵する名場面だなアレは。

そういえば月島もメガネ君じゃねえか、やっぱメガネ最高、メガネ以外は視力矯正器具として認めらんねえ。

精霊の守り人 21話

いやホントはここドリフターズって書くつもりだったんですけどね、NHKの名作アニメなんですが、昨日深夜にやってて21話の戦闘シーン見てたらドリフよりかっけえわってなってこっち書きますわ。ジグロっていう主人公の師匠みたいなやつが元同門の追手と戦って殺すんだけど、相手の死に際の描写半端ねえ。

テレ朝は毎回フランダースとかが上位のあれじゃなくて、クオリティ:知名度比がおかしいアニメランキングってやんないんすかね?もしあったとして僕が審査委員長だったらゼーガペイン精霊の守り人かどっちかを1位にしますわ。

LAY YOUR HANDS ON ME

先月ブンブンサテライツの川島さんがお亡くなりになってしまったわけですがね、ブンブンサテライツ最後のオンボーカル曲で、もうこの曲のレコーディング中時点でかなりヤバかったらしいんですけど、普通にかっけえのが凄いな。僕も死ぬ直前までこの超雑記帳で自己表現をしていきたいものです。ちなみにこれキズナイーバーっていうアニメのタイアップ曲なんですけど、見てないんでアニメの話はふらんでください。

https://www.youtube.com/watch?v=Krem4GHmmxg